logo

達鳳‧旮赫地Tafong Kati

達鳳‧旮赫地 Tafong Kati

最も古い歴史を持つ部落の一つ太巴塱部落で木彫りの創作をして二十年になる。受け継いできた伝統や文化への思いを形にした作品は優雅で心を揺さぶるものがある。口数の少ない彼はゆっくりと時間をかけアイデアをねり、作品と向き合う。2002年に東海岸芸術脈絡の際「意識部落」プロジェクトに参加して以来、東海岸の土地や人文に一層の愛着を持つようになったアーティスト。

 

作品の紹介

 停駐‧休息的地方  Pahanhannan the rest place

「詩的な住居」をテーマにした。暮らしている土地と自然に敬意を感じてほしい。じっと立つタツノオトシゴは一見周囲の景色とういているような違和感を覚えるが、実は自然界の最も素朴な休息の場所を象徴している。アミ族に伝わる道端に建てる簡素な休憩所には沢山の言葉も喧騒も要らない。はるばる海を渡って部落に来た外国人神父が、われわれの魂に安らぎを与えるべく、生涯静かに奉仕し続けるように、ここに立ち寄り休憩する者が、心の休息を得られる場所であってほしい。

 

小馬部落農田(台11線127.5 km地点,山側)

台東馬武窟溪の河口北にある小馬部落は、アミ族の集落。海岸山脈に貼りつくように佇み、太平洋を見下ろす位置にある。