logo

Shilpa Joglekarシルパ・ジョグレカァ

Shilpa Joglekar シルパ・ジョグレカァ

インドムンバイ出身。世界各地を旅行、数多くの滞在制作プロジェクトに参加した経験豊かな環境アート作家。ムンバイ大学古代伝統インド文化修士号取得。深い味わいの感じられる現代アート作品からはインド伝統芸術に対する造詣がうかがわれる。現代アートに加え、著名なインド陶芸家NirmalaPatwardhanのもとで厳格なトレーニングを受ける。近年、フランス、日本、韓国、台湾、ルーマニアなど各地の環境アート滞在創作プロジェクトに参加、展示するかたわら、国境を越えたワークショップやパブリックアート制作など地域アートプロジェクトをいくつかプロデュース。インド国内の国際アート滞在創作プロジェクトも二件企画中。世界に目を向けた有能、精力的なアーティストでもあり、展示プロデューサーでもある。

 

“Antaranga”內在的探索

“Antaranga”はサンスクリット語で「沈思」「瞑想」「集中」を意味する。豆のさやのような形の空間は竹と木の枝でできている。中に入って、いすに座っていると、外の景色をながめながら、瞑想に耽り、東海岸の美しい自然がもたらす静けさと穏やかさを心で感じることができる作品。シルパは人と自然、過去と現在の間にある絶え間ない再生と輪廻の複雑な関係にひかれ、作品を通して一種の「人的」と「有機的」間のポエジーを表現してきた。これも中に入ってしつらえられた位置に座るなり寝転がるなりしたときに見える上から射す光が、その詩趣を感じさせる作品になっている。

 

東管處都歷處本部 (台11線,124.5km地点)

台東県成功鎮都歴にある「東部海岸國家風景區管理處」本部は山を背に海を臨み、北には成功鎮と三仙台、南には緑島が見える豊かな自然環境に恵まれた美しい場所にある。東海岸を代表する観光スポットとして人気を集めている。